50歳 義母の作るお味噌汁が美味しい

今、一番好きで美味しいと思えるお味噌汁は、義母の作るお味噌汁です。

 

義母の作るお味噌汁は、「煮干しだし」で白味噌のお味噌汁です。

 

若い頃は、煮干しのお味噌汁は生臭さを感じて飲むことが出来なかったのに、歳をとってからはとても美味しく感じるようになりました。

 

だしの取り方や、調理の仕方がうまいのか、おばあちゃん(義母)の味噌汁はとても美味しいです。

 

義母の作るお味噌汁はどれも美味しいのです。

 

一番おいしいのは貝類やわたり蟹、小さい帆立の味噌汁です。

 

実家の母は、あさりやシジミがかわいそうだからと、熱湯に貝をいっきに入れて味噌汁を作っていました。

 

確かに、一瞬で貝は死にますが煮込まないので味のない味噌汁になっていたのも事実です。

 

貝類の味噌汁は水からゆっくり煮込んだ方が味がしみ出て美味しいのですよね。

 

おばあちゃんは貝の味噌汁を作るときは、だしをあまり入れずじっくり煮込むので貝本来の味が染み出たお味噌汁となるのでとても美味しいです。

 

裏庭の家庭菜園で育てている野菜をお昼になるとちょっと採ってきて作るお味噌汁も美味しいです。

 

冬は、ほうれん草や大根、里芋、大根の葉や小松菜、ネギ、キャベツ。

 

春は、菜花やせり、さやえんどう。

 

夏は茄子、ジャガイモなど、思いもがけない野菜が入った味噌汁は多彩です。

 

お豆腐や油揚げを一緒に入れる事が多く、油揚げの油が加わる事でとてもまったりと美味しく感じる味噌汁になります。
私が良く作る味噌汁は、ワカメの味噌汁と具だくさん豚根菜味噌汁です。

 

ワカメの味噌汁はダイエットをしたい娘たちに大好評です。

 

汁よりも多くワカメと一緒に青菜を入れると、カロリーが低いうえにお腹いっぱいになると、何度もおかわりをします。

 

具だくさん豚味噌汁は豚汁風ですが、ジャガイモの代わりにさつま芋を使い、人参、牛蒡、大根、青菜、炒めた豚肉、コンニャク、豆腐を入れた味噌汁です。

 

さつま芋の甘い味噌汁が子供は大好きで、よくリクエストされる1品です。

 

娘が、関西に住むようになって赤味噌の味噌汁を飲む機会が増えましたが、関東育ちの私はあまり好きではありません。

 

赤味噌は独特の臭みがあるように感じるからです。

 

娘は慣れてしまったようで美味しいよと言うのですが、やはり納得がいきません。

 

関東は赤味噌でも白味噌でもない中間の味噌を使うのですが、私は色の薄い甘口の白味噌が大好きです。

手作りみそ汁は、奥が深いとこの歳になって知る

手作りみそ汁は、奥が深く作るのが難しいです。

 

一生懸命だしをとっても失敗すると生臭かったり、だしが強くて素材の味を殺してしまったりします。

 

あまり舌が肥えているとは言えない私ですが、やはり生臭い味噌汁はいたただけません。

 

でも、何度も失敗しても飲みたい、作りたいと思うのが手作りみそ汁ではないでしょうか。

 

家族に美味しいといわれて嬉しいのはやはり、味噌汁だと思います。

 

旅行から帰った後、長期出張から帰った後、やっぱりリクエストされるのは味噌汁です。

 

家で飲む味噌汁が一番うまいといわれるとやはり嬉しいですし、野菜を多く入れるなど簡単に作れる健康食の1つだと思います。

 

最近では、かつおや、にぼしの顆粒のだしが売られているので手軽に味噌汁がつくれるようになりました。

 

健康ブームで、新鮮お野菜をてっとりばやく沢山とれると「食べる味噌汁」という言葉も耳にします。

 

味噌は発酵食品でとても体に良いですし、朝ごはんに、お味噌汁があればおかずはいらないという人もいます。

 

やはり、美味しい手作り味噌汁は日本人のソールフードだと思います。

最近のインスタントおみそ汁はレベルが高い

インスタントの味噌汁は日常生活でわざわざ買って飲む事はあまりありませんが、とても便利だと思います。

 

一人暮らしの娘に荷物を送るときに、色々な種類のインスタント味噌汁を沢山買って送った記憶がありますが、とても好評でした。

 

今では、とてもバラエティに富んだインスタント味噌汁が売られているので買うのも楽しいですよね。

 

農作業をするとき、お花見をするとき、山菜取りに行く時など、ポットに沸かしたお湯を持ち、コンビニでおにぎりとインスタント味噌汁を買って畑に出かけて食べる事もあります。

 

旅行でホテルに長期滞在した時に、コンビニで買って飲むこともあります。

 

海外旅行では、わざわざ持っていくこともあります。

 

お湯だけで簡単に調理できるのでとても簡単で便利だと思います。

 

インスタントの味噌汁のお味ですが本当によくできていると感じます。

 

特に好きなのはあさりや、シジミの味噌汁です。

 

実際に殻付きの貝が入っていますし、凝縮された貝のエキスがとても美味しくいつもびっくりします。

フリーズドライ製法の食品が増えた

最近は、様々なフリーズドライ製法で作られたインスタント食品を見かけます。

 

昔は、卵スープのような固形の四角いタイプしかなかったものが、今では赤ちゃんの離乳食にまで使われるようになったのは驚きです。

 

私の子供が小さい時に出来ていればどんなに便利だったかと思います。

 

先日、娘に勧められて食べたのがフリーズドライのリゾット。

 

御粥もあるそうなのですが、そのお味の完成度には驚きました。

 

チーズやカレーなど色々な種類のものが発売されていてお湯をかけるだけで簡単にリゾットに変身しちゃうのです。

 

実際に宇宙食にも使われているらしいですが、この軽さと美味しさと種類の豊富さに納得がいく食品ですよね。

 

野菜や、果物もフリーズドライのものが売られていて、ちょっとお値段は高いのですがそのままぽりぽりとした食感がとても美味しいです。

 

グラノーラなどにも入っていて、今では普通に色々な商品に入っているのを見かけます。

 

学校でも非常食にも備蓄されているようですが、簡単に作れて、そのままでも食べれるので非常食には最適だと思いました。

10秒で出来て値段もお手軽な世田谷のおみそ汁

世田谷食品の「おみそ汁」を初めて知りました。

 

フリーズドライのお味噌汁なのですね。

 

お野菜が沢山入っていて種類も豊富で、お湯をそそぐだけの簡単10秒でできあがるとはとても便利で美味しそうです。値段も手ごろな価格なのではないでしょうか。

 

一番びっくりしたのが、定期購入です。

 

私達主婦は、味噌汁を簡単に作れるので味噌汁の定期購入とは本当に衝撃的で驚きです。

 

きっと、一人暮らしの方やお年寄り、食事をつくれない人からの需要が多いのでしょうね。
それにしても、家庭の味といわれる味噌汁が定期購入とは違和感があります。

 

でも、定期購入したくなるほど、味噌汁が日本人の食文化に根付いているという事なのでしょうね。

 

それに、お味噌を1kg買うと一人暮らしの場合なかなか使いきれずに、冷蔵庫の肥やしとなってしまいますし、味噌汁の具に使う野菜を数種類買っても高いし使いきれないですし不経済ですよね。

 

それを考えるとフリーズドライは、金銭的にもお得ですし時間も効率よく使える便利で美味しい食品だと思います。

 

>>世田谷のおみそ汁を見る